633おさかなくわえた名無しさん2013/06/06(木)17:59:15.12ID:5/sA+xjb
つい去年の夏の出来事。
オレは雨の日以外はバイク通勤で会社まで通っている。
丁度その日は丁度花火大会で、いつも通勤に使う橋に毎年の事だけど人が大勢集まる。

いつもながら忙しくて、仕事が少し長引き、花火があがるまでもう少し・・・と言うときに橋を通った。
やはり人が沢山来ていて、交通量が多い橋とはいえ子供なんかは飛び出してくる可能性があったから少し速度を落として走っていた。
橋に入ってすぐくらいに最初の花火が打ち上げられた。
観客は皆一様に喜び「たまや~ww」なんて言ってた。

すると左側から酒に酔ったおじさんが急に車道へ飛び出してきた。
歩道には人が沢山いて歩けず、車道と歩道の間を歩いていたようだけど酔っていて足元が狂ったみたいだった。
十分車間距離もあったので「大人が飛び出すのかよ」と思いながらブレーキ。
それほど急なブレーキでもなく、普段よりも少し制動をかける程度だった。

次の瞬間、後ろからすごい勢いで車が突っ込んできた。

後ろから追突されて道路に投げ出され、バイクは2メートルほど転がった。
オレは転倒した時に左手が路側帯の段差にぶつかり、ついでに頭もぶつけそのまま前の車のバンパーまで転がった。

前の車の運転手(以下Yさん)が後ろから追突されたと思って運転席から出てくる。
すると車やバイクじゃなくて人間がバンパーにぶつかりぐったりしている。
すぐに「大丈夫ですか!?」と駆け寄ってきてくれた。
どうやら転倒して頭をぶつけた時に軽く脳震盪を起こしていたみたいだった。
朦朧としながら「ら、らいじょうぶだす・・・・」とか応えていたと思う。

5分ほどしてようやく動けるようになってバイクを見に行った。
細かい所はわからなかったけれど、外装は左側がキズだらけでこりゃとんでもない修理費がかかるなぁと思った。
Yさんがすぐに救急車を、と言うので「そんな大げさな事じゃないですよ~」と言ったら、運転手は青い顔をして左手を指出した。
「で、でも、折れてますよそれ・・・」ときょどりながら言う。
見ると、なぜかまくれた袖から出ている腕はゾウの足のようにパンパンに膨れ上がり内出血で赤黒くなっていた。
混乱してさすったり動かしたりしているとYさんが「左腕が痛いというので、失礼でしたけど袖をまくらせてもらったので・・・」と言った。








634おさかなくわえた名無しさん2013/06/06(木)17:59:49.03ID:5/sA+xjb
混乱していた俺は「あ~どうも、ご迷惑かけまして・・・」と素っ頓狂なことを言っていた。

野次馬もどんどん増え、花火を見ている人よりもオレと追突した車を見ている人のほうが多くなってきた。
Yさんはテキパキと救急車に電話をしてくれている。
ここでようやく、あれ?オレにぶつかってきた車は?と思って後ろを見た。
HIDのクッソまぶしいライトが煌々とついていて運転席が見えないので、とりあえず車の横へ周った。

運転席ではなぜかサングラスをかけた若い女(以下性病)が携帯で誰かと話しながら大声で怒鳴っている。
警察を呼んでくれてるんだろうか、と思い窓をコンコンと叩くとその女はビクッとしてこっちを見た。
メットのバイザーを上げて手招きして外へ出るように促した。
すると窓がウイィィンと開いて性病が言った。

「すいません、もう少しで彼氏と電話が終わるんで待って下さい」

おいお前正気かよ・・・なんで警察じゃなくて彼氏なんだよクソが!と思って目を点にしているとYさんがやってきて「すぐに救急車が来ます」と伝えてくれた。
とりあえずバイクを野次馬の人達に手助けしてもらって道路に端に寄せ、Yさんも車を左端へ寄せた。
性病は相変わらず電話に夢中で車を寄せようともしない、それどころかオレに追突してから一度も車から降りてきていない。

野次馬の数人が他の車を誘導してくれている間に救急車が来た。
隊員が呆然と立っているオレに「大丈夫ですか?どこに痛みがあるかわかりますか?」と聞いてきた。
オレは左腕と首、腰と足が痛い事を伝えた。
隊員のひとりはYさんに話を聞いている。
ここでようやく性病が車から降りてきた。

颯爽とヒールを鳴らしながらサングラスを取る性病。
オレを睨みつけながら「なんですか?急ブレーキかけたアンタが悪いんでしょ!」と開口一番怒鳴りつけた。
コレにはオレもYさんも野次馬もびっくりして、何を言ってるんだこのクソバカは・・・・と思った。
とりあえず警察に電話をしないといけないんで、とYさんが言うと「はぁ?」と明らかに不機嫌に。
「警察なんて呼ぶようなことかよ」と舌打ちした。

この時点でぶつかられたオレはすでに限界を迎えていた。








635おさかなくわえた名無しさん2013/06/06(木)18:00:21.75ID:5/sA+xjb
Yさんや関係ない野次馬の人達がすぐに心配してくれて色々世話をしてくれたのに、当事者は反省どころかコレが事故であるという認識すらない。
あんまりにあんまりな態度にカチンときたオレは救急隊員が「落ち着いて!」というのも無視して女に詰め寄った。

「てめぇ、ふざけんじゃねぇぞクソアマ。お前これ事故だぞ?相手が歩行者だったら死んでるかもしれねぇんだぞ?わかってんのか?」
「は?アンタのせいで事故したのになんでアタシが怒られるわけ?テメェが急ブレーキかけたのが原因だろうが!!」
「ああ、そう、じゃあもう人身事故にするわ。絶対にゆるさねぇからな」
「やってみろや!アタシの彼氏呼んだから!」

ギャアギャアと口論しているとYさんが「警察も呼びました、なんか連絡がすでに入ってたらしくてもう向かってるそうです」と言う。
ああ、誰かが呼んでくれたんだ・・・と感謝していると性病がまたキレだした。
「警察ってなに!?なんで警察なんかよばなきゃいけねんだよ!!」と。
すると歩道から不意に「おい」と言う声がした。
横を見るとオレと同じくらいの身長の男が立っている。
性病が「あ、ケンタ!」とか言って駆け寄る。
警察よりも早く彼氏が登場。
どうやら性病はすぐ近くに住んでいて、彼氏と近くのコンビニで待ち合わせしていたらしい。

ケンタはオレがヘルメットをかぶったままなのをいいことに、ヘルメットをベシベシ叩きながら怒鳴りつけてきた。
「おい、場所かえようや?なぁ!?」とか言ってる。
救急隊員が止めに入るも、ケンタの勢いが停まらない。

ふっとケンタの顔に見覚えがあることに気づいた。
あれ・・・・どっかで見たことある・・・?
救急隊員にヘルメットを脱がしてもらい、ケンタの顔をまじまじと見た。
やっぱりこいつ知ってる・・・!

オレがじっと見ているのをガンを飛ばしていると取ったケンタはオレの胸倉を掴んできた。
「お前コラ何ガンとばしてんだおおお?」
顔が近づいてきた。
街灯のの明かりでケンタの顔がハッキリと見えた。

中学の時にいじめられてたケンタだった。








1001オススメ記事@\(^o^)/2018/02/12 14:02:00 ID:gossiptale