1名無しさん@おーぷん2014/07/04(金)22:01:38ID:DJ9qQQei7
勝手に書いてくよ








4名無しさん@おーぷん2014/07/04(金)22:02:47ID:DJ9qQQei7
ID変わったけど1です。

俺のスペック(当時)

175cm 62kg
顔は普通だと思う
趣味 将棋、アクアリウム
彼女いない歴=年齢 友達も少ない


じゃあ書かせてもらう。

当時俺は大学生で一人暮らししてたから金がかかったんだ。(仕送りも少なかった)

んで、バイトをファミレスとかコンビニとかやったけど家庭教師って結構金いいのに気付いたのよ。

でも家庭教師ってサイトに登録とか色々面倒じゃん?

だから俺は近所に許可もらってビラを貼らせてもらった。

確か中高生に英語と国語教えます 一時間3000円 連絡先○○ってな感じだったと思う。

それで、数日たったある日に電話がかかってきたのよ。

中年のオバチャンぐらいの声質だった。

ビラを見たんですが~来ていただけますか?とか言ってたな。

話を聞くと息子に勉強を教える人を探してたらしい。

毎日来て欲しい、一日4時間お願いするとのことだった。

俺はまじかよ、12000円だやったぜとか思ってた。馬鹿だったと思う。

一日4時間毎日頼む時点でおかしいと思うべきだった。








6名無しさん@おーぷん2014/07/04(金)22:04:09ID:agIBjaFPH
わかった、当日誘拐されてころされて、身代金要求されたんだな
昨日みたわ








9名無しさん@おーぷん2014/07/04(金)22:06:01ID:DJ9qQQei7
>>6
俺もそれ見てスレ立てしようと思ったんだよ!
4年前の話だからな…








11名無しさん@おーぷん2014/07/04(金)22:07:30ID:agIBjaFPH
>>9
マジか
家庭教師ってある意味怖いバイトだよな…








8名無しさん@おーぷん2014/07/04(金)22:04:52ID:DJ9qQQei7
次の日からさっそく来て欲しいとのことだったので次の日から行った。

夕方(五時ぐらいだったかな?)から四時間やるので飯を早めに食って家を出た。

言われた住所の所に付くと古くて小さな家がポツンと佇んでいた。

時間帯も時間帯だったのでなかなか怖い雰囲気を醸し出していた。

まぁ仕事だから…と恐る恐るチャイムを鳴らした。

すると、電話と同じ中年のオバチャンの声がして何故か安心。

ドアを開けたオバチャンを見て俺は言葉を失った。

フケだらけ頭。

どす黒く目元にある隈。

ニタァーっと気色の悪い笑顔。

一瞬で帰りたくなったがまだお金の方が勝った。

オバチャン「どうぞ 上がってください」ニヤァ

お邪魔します、と言って上がった。声が震えてたと思う。

お子さんはどちらに?と聞いたらこっち、と奥の部屋に通された。

ぶっちゃけめちゃくちゃ怖かった。なんて言うか家の雰囲気がすごく怖かった。

嫌々奥に進むと、部屋はまさに子供部屋って感じの部屋だった。

タンス、テレビ、ベッド、ぬいぐるみ、ロボットのおもちゃ、勉強机……

奥の勉強机に子供らしい人影があったのでそれに向かって近付く。








12名無しさん@おーぷん2014/07/04(金)22:07:41ID:DJ9qQQei7
訂正:付く× 着く○

こんにちわーなんて言いながら近づき、よく見るとさ……人形…だったんだよね……。

人形つっても手作りのような感じで子供ぐらいのサイズはあって洋服を着ていた。

ヤバかったのは顔。無機質な布に●が三つあるだけだった。

マリオにヘイホーっていう敵キャラいるじゃん?あれを想像して頂きたい。

オバチャン「家の息子です」ニタァ

マジに血の気が引いた。この家マジにヤバイ。本当にヤバイ。

えっ……?人形……ですよね?って言ってしまった。

これが不味かった。

オバチャン「はぁ!?!?!?何言ってるの!!!!家の息子よ!!!ケン君!!!」

突然の大声とオバチャンの豹変ぶりに涙が出た。

本当にヤバイ。殺されるかもしれない。死にたくない。

なんとか穏便に済まして帰ろうと思った。

分かりました!分かりましたから!って言って、

ケン君!!お兄さんと勉強をしようか!!って言ったらまたオバチャンがニタァってして元に戻った。

当然ケン君は返事をしない。当たり前である。人形なのだから。

勉強と言っても相手は人形なのでひたすら俺が人形に向かって喋るだけである。

ここからの四時間は本当に地獄だった。10分の休憩を入れても苦痛だった。

ここはbe動詞だから○○になるんだよ~とかこれは連用形だからウだね~とか四時間ひたすら一人でやる。

オバチャンはその様子を後ろでニタニタと眺めていた。本当に気持ちが悪かった。








15名無しさん@おーぷん2014/07/04(金)22:09:38ID:2q03lblwb
怖すぎる








16名無しさん@おーぷん2014/07/04(金)22:09:48ID:DJ9qQQei7
なんだかんだでやっと四時間が過ぎた。

じゃあ終わりにしよっか~とケン君に言った。

返事はない。当然である。人形なのry

オバチャン「お疲れ様~ ありがとうございました~」ニタニタ

本当に気持ち悪い笑顔だと思いながら帰る支度をする。

オバチャン「もう遅いしご飯食べて行きなさい」ニタァ

いえ、来る前に食べたので大丈夫ですと言った。

それにこんな気持ち悪い家で出てくるご飯なんてたまったもんじゃない。

オバチャン「食べていきなさいよ!!!!!」

また怒鳴られた。本当に怖い。基地外だ。でも殺されるかもしれないので、

じゃあ…頂きます……と渋々了承した。

その後、ダイニングみたいな場所に通されてイスに座った。

包丁を取り出し何か調理を始めた。

包丁を取り出した時は本当にドキッとした。冷や汗ダラダラだった。

汚い鍋も取り出しそれで何かを煮込みだした。するとカレーの匂いがしだした。

カレーか…普通の飯で良かった。と心底そう思った。

オバチャン「はい。どうぞ」ニマァ

汚い皿にカレーが盛り付けられていた。スプーンはコンビニで貰えるスプーンを再利用したものだった。

頂きます、と恐る恐る食べる。普通のカレーだった。不味くもなく、旨くもなく……

オバチャン「お口に合うかしら?」ニタニタ

はい!おいしいです!と怒鳴られるのは怖いので多少オーバーに答えた。

オバチャン「そうよかったわ。今日は泊まって行きなさい。」ニヤァ

意味が分からなかった。








1001オススメ記事@\(^o^)/2018/04/17 04:02:00 ID:gossiptale