798名無しさん@おーぷん2017/10/27(金)18:46:43ID:S4Y
続きです。

ある日病床の夫から、義妹のことで不愉快な思いをさせてすまんと謝られた。
「そんなことはどうでもいいから病気治せ」と言ったら、すごく真面目な顔で
自分が死んだら回忌法要とかしなくていいって。葬式もできるだけ簡素にって。
既婚の妹に援助なんて馬鹿なことしてる夫のこと黙認してくれてありがとう。
こんな病気になるんだったら、ちゃんとそのぶん私子に遺してあげたらよかった。
迷惑ばっかりかけた。夫らしいことなんもしてあげられなかった。ごめん。ごめん。
そんなことを、言った。これ書いてて思い出すと涙がでる。
義妹が見舞いに来た時、「兄ちゃん死んだらどうすればいいのか」と
生活の心配ばかりしてたそうだ。
援助などすべきじゃなかった。鬼と言われても拒否するべきだった。
兄としてやらなきゃいけなかったのは妹に自分の足で立たせることだったと言っていた。

で、夫が亡くなったわけだけど。
相続の時に、義父母が3分の1、私に3分の2。当然義妹に権利などない。
もともとそんなに大した額の貯金はなかった。
それは義妹を援助してたからなのに、義妹「やけに少ないね」と。
その言葉に義父が義妹の頬を叩いた。
義父母からは相続を放棄したいと言ってきたけど、説得して受け取ってもらった。
当然の権利なんだから。
本音を言うと、義父母の相続分は200万ぐらいで、それは大金ではあるけど
あとでもしゴタゴタするようなことがあったら、そっちの方が嫌だったから。
話がついて解散する時に、再び義妹が口を開いた。
「私さん、兄ちゃんが死んだって奥さんは奥さんなんだから、今後は兄ちゃんに代わってお金くれるよね?」
(うろ覚えだけどほぼ間違ってないと思う)
義父が「おまえはまだ言うかっ!」としばき倒して、義母は泣いてた。
あんなに助けてくれた兄の死をこの人は一体どう受け止めてるんだろう。
兄=金としか思ってなかったんだろうな。
夫があんたへの援助は間違いだったと言ってたことを最後に告げて、以来会っていない。








続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/08/13 11:02:00 ID:gossiptale