出典:あぼーん






735おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/05/10(日)09:12:13.05ID:qXznsIxe.net
生い立ちから修羅場辺りまで勝手に語らせていただきます
文章力ないしgdgdになることは目に見えているのですが、生暖かい目で見守ってください


修羅場直前のスペック
私:20代前半、既婚小梨、兼業主婦、低学歴、元ヤン
旦那:30代半ば、私の夫、高学歴、高収入、スポーツマン、健康、日焼け男、優柔不断、ボンボン、年よりかなり若く見える、ご両親は故人
兄:私の兄、私の5歳上、ロリオタ低所得、低学歴、色白ガリヒョロ、童貞臭漂うアキバが似合う男
プリ:夫の浮気相手、20代後半?、化粧も衣装もケバい
プリ兄:夫と同世代?マッチョ、夫のジム仲間らしい

まずは生い立ちから
私が2歳の頃、父親が失踪→タヒ亡宣告
母は働き者なので、とりあえずの生活は問題なかったが、母はほとんど家にいないのが当たり前だった
親戚づきあいも特になく、5歳上の兄が私の面倒をみてくれて、私も兄の後をついて回るほど慕っていたらしい
私が小学生、兄が中学生~高校生の辺りでは、年に数度かわいい衣装を着せてもらってお祭りにも連れて行ってくれた

私が中学生になる頃、私が厨二病を発症し「家族と一緒に過ごすなんて恥ずかしい」と思い、兄と距離を取り出す
またその頃と前後して、兄がロリオタであることに気づき、それを同級生に話したところ、キモイの認定をいただき、ますます疎ましく感じる
私が幼いころ、兄が連れて行ってくれたお祭りは、コミ○で、かわいい衣装はコスプレだったことが判明・・・

こうして、反発する対象である父親を持たない私は、立派なヤン女となり、中学ではサボりの常習犯
兄との関係も最悪で、「このオタク!」「ロリコン!」などの悪口以外ほとんど会話しない毎日
ぎりぎりで入った高校も途中で辞めざるを得ない状況に
しかし兄が「定時制でもいいから高校は出ておけ」と転校手続きを勝手にしてしまい、そのことには文句を言ったが私も勉強そのものは嫌いじゃなかったので結局通学
全日制と違って、好きなメンバーとだけつるんでいればいい定時制は私の性分に合っていたこともあり、そのまま卒業

つづきます








続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/06/10 17:02:00 ID:gossiptale