出典:あぼーん






593名無しさん@おーぷん2018/02/27(火)23:22:05ID:m4K
この年になっていろいろ身の振り方を考えて、昔のことを思い出す。話す友人もいないので、くだらぬ自分語りを書せていただく。
誇張したり卑下したりしない範囲で、フェイクあり。

私は九州・四国あたりの県庁所在地育ち。
高校までは、本当にほぼなんの不自由もなかった。
仲の良い経済的にも余裕のある家庭で育ち、学校の友達も多く、親友とよべる信頼できる友人もいたし、問題等もなく、大過なく過ごした。
勉強もスポーツも音楽も美術もできて、自慢のつもりはないが、我ながら優秀だったと思う。
文化祭やクラス会、体育祭の中心メンバーや長にもなったりして、積極的な生徒だった。

大学進学のとき、自分にとって面白そうな研究やってる大学いった。関西の某旧帝大学。
初めての一人暮らし!いままでの教科書のおベンキョーでなくクリエイティビティのある勉強ができる!
受験勉強から解放されて時間もたっぷり!部活もバイトもできる!何しよう!
と、ほかの多くの新入生と同じように、心弾ませて期待に夢を躍らせて入学した。私の人生イチワクワクしてたと思う。








594名無しさん@おーぷん2018/02/27(火)23:22:36ID:m4K
↑自己紹介抜けてた。現在30、女性。








595名無しさん@おーぷん2018/02/27(火)23:23:32ID:m4K
しかし、私という人間は、なぜか関西では全っっっ然通用しなかった。
学校では、知人レベルはすぐにいっぱいできたんだけど、関西人の会話のテンポにどーやってもついていけなくて、
「で、オチは?」とか「お前のキャラはなんやねん」とかいわれてもうまく返せなくて、
距離が全然縮まらなくて、どーーーやってもダメで、そのうちなにかと一人で行動するようになった。
結局そのまま、ゼミが始まってからもどんなに頑張っても知人どまりで団体になじめなくて、
どこにも属せない、根無し草のような感じで学内生活を終えた。
そのほかも、ゼミ発表でがんばろうとものすごく努力して準備していったのに突然欠講になって
日の目を見ることがなかったり、研究もうまくいかなかったり、
なにかとかみ合わず、最後まで力も発揮できず、認めてもらうこともなかった
(と、自分では思ってる。成績見るとそんなに悪くないので、主観的なものなんだろうかけど)。

バイトでもダメだった。がんばってたんだけど、何かと店長に目を付けられるとかイビられる役回りになってしまって、
どんなに頑張っても「ダメキャラ扱い」されて、2年勤めた箇所が2つあったけど、どっちも無力感の残るままウヤムヤな感じでやめてしまった。








続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/06/13 11:02:00 ID:gossiptale