519名無しさん@おーぷん2014/11/30(日)18:46:00ID:Lkq
帰ると嫁が青い顔をして待っていた。
俺はそ知らぬふりをしてテレビを点けた。
暫くすると嫁が俺の前に静かに座り、土下座した。
「浮気してました、すいません」と搾り出す様な小さな声で言った。
肩を小刻みに震わせていたが、それも演技に思えて許す気持ちになれなかった。
双方の気分が高揚している時に短絡的に関係を結んでしまったとう言い訳は、夫人の上場祝賀パーティでの話と合致するが、だからと言って許す理由には全くならない。
嫁は常習ではない事に活路を見出そうと必死だったが、映像で一部始終を目の当たりにした俺には無意味だった。

俺は今更責める気はないけど、せめて親権をくれるぐらいの良心があると信じたいと突き放した。
嫁は離婚だけは許して欲しいと泣きながら嘆願してきた。
そうやってずっと演技し続けるのも疲れただろう?と俺は言った。
嫁はハッと驚いた表情をして俺を見上げた。
この人はどこまで知っているんだろう?という猜疑心に満ちた目だった。
俺は自分のサインを入れた離婚届を彼女の前に差し出し「お互いに楽になろう」という言葉を残して自室に入った。

嫁は最後まで離婚を渋った。
もう一回だけチャンスが欲しいと食い下がった。
中学生になる二人の子供(長女中三)(長男中一)は、母親の不貞を知り、幻滅した様子だった。
特に嫁に懐いていた長女は汚い女だと激しく罵った。
しかし意外な事に子供は再構築を望んでいる風でもあった。
娘に離婚になったら俺についてきてくれるかと聞いたら、あんなでも私にはたった一人の母親だからと言われた。
俺への愛情は偽りであっても、子供に対する愛情は本物だったのかもしれない。
数ヶ月が過ぎたある日、家に帰ると妻のサインが入った離婚届がテーブルに乗っていた。
俺がどうしてもと言うなら仕方ないので離婚しますと彼女は言った。
同席していた二人の子供を見ると気まずそうに下を向いていた。
そういう事か…。
と俺は全てを察しながらあえて「お前たちはどうするんだ?」と言った。
ケジメだと思ったからあえて自分の口からそれを言わせたかったのもある。
「ごめん、私たちお母さんと離れる事ができない」
と娘が言った。








続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/07/12 08:02:00 ID:gossiptale