1961/32012/08/07(火)23:16:37.48ID:3TM3RW0Y
この時期になると思い出す話。自分の武勇でもないし長文失礼。

僕の居た高校では、夏休みに「生徒の自主性を云々」といった名目で
全員強制参加の川原一泊キャンプ行事がありました。
それはクラスを担任の采配で4班に分け、夕食(カレー)を作れ、と命じて川原で各班ごとにテントを張らせ
「じゃ、後はおまい等好きにやれ」と教師は近隣のホテルへ。という現代では考えられないアバウトさ。
で、教師が去った後に、クラスのリーダー格のチャラ男1が全員を集め宣言。
「俺わぁこの班分けにぃナットクいってねーからw」と勝手に班を再構成。その結果

1班:チャラ男1とその手下&取り巻きギャル's
2、3班:普通の人々
4班:僕を含んだキモオタ&ハブられ連中

といった見事なスクールカースト構成に。
「ちょwwww4班終わってなくねwww」「うわwwキモww臭ぇんですけどww」等の嘲笑の声を1班から浴びせられる中
夕食の準備開始。で、ここからがネタっぽいけど本当の話。








1981/22012/08/07(火)23:22:28.14ID:3TM3RW0Y
僕:息子のオタっぷりを心配した両親によって、小・中とカブ&ボーイスカウトに強制入隊。
おかげで飯盒で飯を炊くなど造作も無い。その合間を使って食える山菜をゲット。

B:僕の友人にして釣り&ミリオタ。「そっちは任した。俺は魚採ってくる」と上流に消えて小一時間後
即席の釣竿で川魚十数匹を採って来たピザデブのBは、正直掘られても良いかもwと思ったほど輝いていた。

C子:同じく4班の1人。父子家庭&兄弟多数ということで「ちょww貧乏キメェwwつか風呂入ってる?臭いくねww」と
ギャル'sにバカにされてる彼女だが、その日は長女スキルを最大限に発揮し、残りの4班メンバーの尻を叩きつつ
カレー&味噌汁を完成。ついでに山菜の素揚げ&サラダと、余った材料でデザートも作る。

そして他の班が飯も炊けてない中、僕らの班だけがカレー、味噌汁、焼き川魚、山菜の素揚げ&サラダ、デザートの揚げ菓子というメニューで夕食。
予定以上の豪華な夕食に盛り上がる僕等の班に、2・3班の連中が「・・・悪いけど、俺らにも飯の作り方教えてくれない?」と声をかけてきた。
その結果、3つの班が合同しての飯作り&夕食会と大いに盛り上がったのだが
ふと気が付くと、1班のチャラ男共がいつの間にか紛れ込んで食事。しかも他の班が各々仕事をした結果の食事会なのに
何もしない1班共が一番デカい面して飯食ってる。流石にキレそうになった僕が、チャラ男1に詰めよろうとした時
1班一行の足元に盛大に水がブチ撒き散られた。出元を見ると、怒りで真っ赤な顔したC子が
空のバケツ持って、足元に水を満載した2つのバケツを置いて立っていた。








続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/07/22 00:01:00 ID:gossiptale