193本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2016/09/22(木)21:25:42.32ID:k6W3+mIJ0.net
今年の夏のバイト先の話です。
経験はなかったんだけど、日給がかなりよかったので建設会社に面接に行きました。
結果は即OK。早速、明日から来てくれと言われとんとん拍子に決まった。
バイト初日。朝、みんなに紹介されたんだが、そこにいた現場監督の○○さんに
「名前はええわ。どうせつづかんから」と言われた。嫌な人だ。坊主頭で顎鬚
目つきが悪いというかどこをみているか解らないキチ外目つき。
不運にも、その○○さんの現場に連れてかれた。現場に着くなり
「お前、今から30分以内に猫の死骸拾うてこいや」
俺?目が点で半笑いの俺に、もう一度
「お前の仕事じゃ!はよー猫の死骸拾いにいけや~」
俺、「冗談ですよね?(汗)そんなもの何するんですか?(汗)」
「昨日苦情が出たんや!そいつんちに投げ込むんや!」
きちがいだ!
俺「………あの、猫の死骸なんて普通にありませんよ(苦笑汗)」
「あったりまえじゃ~!お前が用意するんじゃ!」
つまりは、俺に猫を○させて死骸を用意しろと言ってるわけだ。
まじ怖かった。きちがいっぷりに。
とりあえず、やりすごす為に1時間近く時間をつぶして、○○さんに
「すいません。猫の死骸も生きた猫もいませんでした」と詫びた。
○○さん「ッチ!じゃーその辺の田んぼから蛙捕まえてこいや!」
これは、嘘つけなかった。まわりからは蛙の鳴き声がきこえたからだ。
俺は、バイト代を放棄して、そのまま帰った。

その日、携帯に鬼電されたが当然出なかった。
アパートに帰るなり、表札の名前を書き換えた。夜、玄関のドアがドンドン!
当然出なかった。次の日から1週間友達の家に避難した。

それからアパートに戻って2週間、とりあえず異変はないが、引っ越しを考えてる。








続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/07/22 13:02:00 ID:gossiptale