1名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:42:19ID:Ccq
世間ではまだ理解されて居ないけど、香害っていうのがあるのよ。
こういうニュースにもなってる。

親父は昔から匂いに敏感で、よく「香水きつい」と言ってむせたり、「汗臭いから風呂入れよ」って言ったりしてて、
或る日突然「洗剤の匂いがきつい。石けん使って服洗って」って言い始めた時は、家族全員で「今度は洗剤かよ。うぜえ」って思ってた。
更に親父は、家族旅行で泊まったホテルのダウニーの匂いがダメだと言って途中で帰ったり、そんな親父に家族はフラストレーションが溜まっていった。




2名無しさん@おーぷん2018/03/23(金)07:42:46ID:Ccq
そんな流れがあって、家族は親父を煙たがる中で、親父は明け方に喘息を起こすようになったんだけど、その時も「親父神経質になりすぎ。心の病なんじゃないの?」みたいな感じで放置してたし、もちろん洗剤や芳香剤も使い続けた。
次第に親父は憔悴していって、吸引機を使ってなんとかやり過ごしてる感じになって、ボロボロになっていった。ここで俺ら家族はさすがに心配になって、親父を無理やり心療内科に通わせた。
というのも、当時は香害という概念がなくて、俺らは親父のは昔からその気があった強迫神経症が悪化したものだと思い込んでた。しかしいくら通院しても親父の症状は良くならず、呼吸器科でも吸引機と喘息の薬を渡されるだけでなんの解決もしなかった。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/08/26 07:02:00 ID:gossiptale