110(1)2012/11/03(土)19:54:33.39ID:Zgvxl5DxP
俺が某中小企業協同組合の事務局で働いていた時の話。
この協同組合の仕事は、中小企業が集まって、資材を大量に購入して組合員に安く売ったり、
入札参加して大きな仕事を取ってきて組合員に割り振ったり、関係省庁や役所なんかと折衝する事務局のことね。
面接時は「普通の会社と変わらないから」といわれて就職したんだが、内部が腐り果てていた。
まず、理事長の一族による放漫経営。
具体的には、一族の長男が会長、会長の従兄弟が専務、次男が常務…という感じで、役員のほとんどが会長の血脈。
残る部長格も、血脈たちの後輩やら親族。あとは関係省庁や役所からのコネ。
全職員数500人のうち、コネ入社が三分の一。コネが全くなければ課長になるのが精一杯みたいな組織。




111(2)2012/11/03(土)19:59:08.41ID:Zgvxl5DxP
だから、みんな、仕事にヤル気なんかない。頑張って働いても、昇給も昇格もコネ入所には負けるから。
なんとなく働いたフリして、簡単な仕事でもわざと時間をかけて、仕事ながなくても残業代のために居残る。
俺は、当時、結婚を考えていた女もいたし、若いからヤル気に燃えてたんだよね…
前任者が3日かけてやってた仕事を1日で終わらせ、自前のノートPC持ち込んでマクロ組んだりしてさ。
まさか、それが徒になるとは思わなかったんだよ。
一般職員は「出世を諦めて、のんびりと楽にやって定年を迎える」しか考えてないし、
コネ職員は「自分たちの天国が安泰でさえあればいい」しか考えていないわけだから、
俺みたいなのは「異分子扱い」されちゃうわけだ…




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/10/13 17:02:00 ID:gossiptale