出典:あぼーん


267名無しさん@おーぷん2014/11/24(月)10:46:00ID:g48
弁償問題で思い出した。
高校生時代3年のときの修羅場。

当時学校が終わって自転車で帰ったとき、
駐車場から出てきた車2台が歩道のところで道路に出るために待っていた。
私は早く帰りたくて2台の間をすばやく突っ切ることにした。
今思えばその2台が道路に出るのを待ていればよかったんだけど
当時見たい番組があったから一分一秒でも早く家に帰りたかった。
そうしたら運の悪い事に車の流れが途切れて□の車が道路へ。
そうすると反対側しか見ていなかった■が私の自転車に気付かずに突っ込んできた。

| 道 |  歩 |駐
|   |    |
| 路 |  道 |車
|   |    |
|   |□ ■ |場
|   |    |
|   |    |
|   | ↑私 |

私は自転車とともに■の車に引きずられた。




268名無しさん@おーぷん2014/11/24(月)10:59:15ID:g48
幸い私は自転車が守ってくれてかすり傷。
しかし亡くなった祖父が買ってくれた自転車のかごがぺしゃんこで呆然。
慌てて運転手と、歩道の前のお店の人が駆けつけてきて私の無事を確認する。
当時の私はあほでその時に事故なんだからすぐに警察を呼べば良かったんだけど
相手の車もバンパーに凄い傷が出来ていて弁償になるから親に怒られる…と思ったんだよね
相手が怪我がないか、頭を打っていないか心配してくれたけれどこっちが
車の間をすり抜けたから私のせいで事故が起こった罪悪感でいっぱいだった。
だから一緒に出てきた人が警察に連絡しようとして吃驚して止めた(あほ)
相手は「夜中に万が一頭が痛くなったら病院に行ってね、びっくりさせてごめんね」と
連絡先を書いた紙をだしてきた。

その後私はショックのまま自転車をもって家に帰った。




269名無しさん@おーぷん2014/11/24(月)11:23:53ID:g48
夜になってパートから帰ってきた母が吃驚して私を呼んだ。
自転車置き場で私の自転車のかごがぺしゃんこだったからからね。
私は相当怒られると思って今日の夕方怒った事を話して電話番号の紙を渡した。
そしたら母は思っていたのと違ってすごく私のことを心配してくれた。
怪我がないこと、頭を打っていないかを聞かれた後、
「そういう場合は事故が起こったらすぐに警察を呼ぶの。
歩道で起こった事故だからこの場合は相手の車が悪いんだから。
でもあんたももう少し考えて行動しなさい」と。
私は説明されても納得できなかった。歩道だろうがなんだろうが
飛び出したのは私なのに…と相手が悪いと言う母に「でも…だって…」ばかり。

夜にかえってきた父が相手に連絡をしてた。私は罪悪感でいっぱいだった。
夕方の事をおもいだし店の人と一緒に凄く心配してくれて電話番号も渡してくれた人に
父が失礼なことを言うんじゃないかとはらはらしていた。
そして電話で父が「自転車のかごだけでも直したいのでその修理費を…」
というとそこからどんどん険悪な雰囲気に。

電話を切った後父はイライラしていた。何でも相手の人も修理費と聞いて頭にきたのか
私の自転車で作ったバンパーの修理費を出してほしいといったらしい。父激怒。
父が怖い私はびくびくしていたが意外と優しく話をしてきた。
「こういう場合は本来なら何が何でも轢いた車のほうが警察に連絡しないといけない。
お前がたとえ大丈夫だといってもだ。示談の話になるとこうやって話がこじれるだろ?
今からでも警察をよぶ。幸い店の人が見ているしな。しかしそういったら相手は
後日かかった修理費を払うとさ。お前が免許取ったらわかるよ」

それでも私はその父の行動が相手への脅しじゃないかと思って恥ずかしいのと罪悪感で
両親を責めた。やっている事がやくざみたい、お金をゆするなんてと。
もう本当に私のあほ。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/11/03 15:02:00 ID:gossiptale