923名無しさん@おーぷん2017/06/01(木)01:38:49ID:KHS
長いです、ごめんなさい

三行ver

夫が昔好きだった女性が結婚
現在、ど真ん中スレやまとめを眺めたり、「離婚」「再婚」「慰謝料」等をぐぐったりしている
私達の結婚生活、もうダメかもしれないなー

詳細ver

私と夫は同い年で、結婚2年目
知り合ったのは18歳の時に大学で、付き合い始めたのは24歳の頃
3年ちょい付き合って結婚した

先日、大学からの友人・A子の結婚披露宴に夫婦揃って出席した

A子は美人で明るくて裏表がない性格で、昔から男女問わず人気があった
大学時代の夫は、そんなA子に片想いしていた
私はそれを知っているし、夫も私が知っていることを知っている

当時のA子には10歳近く年上の彼氏がいて
夫は彼氏持ちのA子に告白する勇気はなく
他大学の子とちょっと付き合ったりもしたようだったけど
基本的には4年間ずっとA子に片想いしてて、何もなく終わった

在学中は知人寄りの友人程度だった私と夫は
卒業した年の同期会で再会した時に何故だかやたら話が合って
個人的なやり取りを頻繁にするようになり、やがて交際に発展
一昨年結婚して、そろそろ子供を…と考えていた

A子から私に結婚報告と披露宴出席の打診がきた時に
是非夫婦で参加して欲しい、ということだったので、夫に伝えると快諾
その時は別に、おかしな様子はなかった…と、思いたい

A子の結婚披露宴はとても素敵だった
洋裁や編み物を生業にしているA子母お手製のウェディングドレス
お色直し後も、小物やアクセサリー、ヘアアレンジを変えて、ずっと同じドレスを着ていた
すっぴんでも充分美人なA子が花嫁仕様になっているんだから、そりゃあ綺麗だった

A子夫は飲食業に携わってる方で、大学の時の彼氏とは違う人だけど、やっぱり10歳近く年上
結婚二回目で、前妻さんとは死別、小学生の娘さんがいる
A子曰く「二度と結婚する気がなかった彼を、私が全力で口説き落とした」とのこと
お色直しからの再入場では、A子と娘さんがお揃いのヘアアクセをつけて
三人で手を繋いで登場したのがすごく印象的
再入場後は娘さんが高砂の真ん中に座って、三人仲良く食事していた

披露宴の後には、親族抜きの二次会があった
A子夫が修行時代に勤めていたスペイン料理系のお店で
オーナーシェフの料理プラス、A子夫も簡単な料理を作って、A子がサーブしたり
新婚夫婦がおもてなし、みたいなかんじで、和やかな雰囲気の二次会だったと思う




925名無しさん@おーぷん2017/06/01(木)02:00:22ID:ofU
>>923
愛も情も尽き果てて苦労してやっと離婚した人が「なんでそんなのと結婚したの/いつまでも別れなかったの」と
訊かれて答えてる、よくある失敗

自分を選んだのは愛があったからだと信じ込む
冷静に話し合えば意思疎通ができて旦那の目も覚めるという夢を自分が見てしまう
子供が出来れば変わるはずと楽観視する
相手が迷惑に感じるようなこと、非常識なことはしない人だと思い込む

ど真ん中に告白もできないヘタレっぷりから見たら旦那自身に現況打破の胆力はなくて
ど真ん中と一緒にいられない「望まない現実」の責任(原因?元凶?)を外に求めたように思える
最悪、あなたとの結婚がその外的要因に利用されたって場合もあるかもね
20代での妊活を旦那から言い出したのも結婚だけでは結局不安で、更に自分の逃げ道を絶ちたかったんじゃないかな
でもそれはもうそれを言い出した過去の心境で今は違うでしょうね

うっかり妊娠しない方がいいと思うわ今はね
悲しいだろうけどだからこそせめて自分を大事にしてね




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/11/06 06:02:00 ID:gossiptale