607名無しさん@お腹いっぱい。2015/11/28(土)18:08:04.83ID:???
過疎っているようなので、嫁への愚痴を勝手に書き逃げします。

ある日のこと。
嫁が「電動チャリンコに乗るようになって体力が落ちた」と言い出した。
何のことかと問うて見ると「階段の上り下りがキツイ」とか、
「少し走っただけで息切れがする」と言う。

俺は嫁より2歳年上だが、週に2回運動をしているので
40半ばに近いが未だ体力には問題ない。
だから、「体力云々よりも健康診断に行け」と言った。
何度も言った。何度も何度も言った。
2週間くらい言い続けてやっと町医者に言ってくれた。

町医者は「ウチでは判らないから・・・」と言って、
大学病院に紹介状を書いてくれた。

大腸がん(S字結腸がん)のステージ4だった。




6086072015/11/28(土)18:17:09.10ID:???
嫁の父親(俺の義父)は直腸がんで亡くなっている。
このときは便秘が1週間も続いて、腸閉塞を起こしていた。
3月に手術をして人工肛門になり、半年間の予定で抗がん剤治療をした。
しかし闘病も空しく、8月の盆明けには無くなった。
享年69歳だった。

それ以来、俺は家族の健康には人一倍口うるさくなった。
子供が少し熱を出しただけで、すぐに町医者に連れて行った。
実母が少し転んだだけで、整形外科に連れて行きレントゲンを撮ってもらった。
嫁は便秘症だったから、新薬・漢方薬の両方で薬を探した。

でも、嫁は「アタシは丈夫だから」って、いつも暢気に暮らしてた。




6096072015/11/28(土)18:26:32.65ID:???
大学病院でのカメラの検査の結果、大腸にテニスボール大の癌が見つかった。
階段の上り下りが辛いのは大腸から常に出血していたので、
慢性的な貧血状態だったそうだ。

癌治療の医学は常に進歩しているそうで、義父が亡くなった時に比べて
癌患者の手術後の生存率は年々高くなっているらしい。
しかし、テニスボール大にまで肥大した腫瘍を見て、
担当の医者も顔色を曇らせていた。

嫁の口癖である「アタシは丈夫だから」の言葉に心底腹が立った。




6116072015/11/28(土)21:49:05.67ID:???
あら、レスがあったんですね。
誰も見てないと思って書き溜めてないので、ゆるゆる続けます。

検査結果を訊いた後は、とにかくすぐにでも手術が必要だと。
幸いにベッドは空いているので、いつから入院できるか訊かれた。
こんな命に係るような大事なときになっても嫁は、
「いや、職場に相談しないと・・・」なんて寝ぼけたことを言う。

あ・の・な、嫁の職場がどうなろうと、俺の知ったことじゃ無い!
もしもオマエがいなくなったら、俺は生きていく甲斐が無くなるやろ!!

このときの俺は、本気で怒っていた。
「ちょっとは自分のことを優先して考えろよ!」って。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/11/09 14:02:00 ID:gossiptale