7471/32016/02/19(金)00:44:07ID:6uB
プチだけど、友人だと思ってた相手の本音を知ったことが
自分にとって結構な修羅場だったのを思い出して書き捨て。
前にどっかのまとめサイトの※欄にダイジェストして書いたことがあるけど、
最初から最後までぶちまけてみたくなったので、長文ですが失礼。

私は30過ぎまで、かなり重症のお花畑だった。
10代でクリエイティブ系のとある職業を志し、20代は夢のために使い切った。
友人たちが就職活動に奔走するのを横目に華々しいドリームを語り、
自分は世界に羽ばたくんだと大言壮語してマニアックな学校に通い、
親に金をせびったり借金したりして、勉強のため海外にも行った。

そしてある日私は唐突に、自分には才能がなく夢の職業は無理、と気付いた。
残ったのは、職歴なし資格なし30代で、あるのは借金と
マニアックな知識・技能だけの独身女(しかもデブス)。

自分を客観視し、やばいやばいやばい!と真っ青になって就職活動を
開始したものの当然まともな職は決まらず、一時は病みかけた。
しかし半ば惰性で何社も受け続けた日々の中で、奇跡的に
「面白そうな奴だ。うち来る?」
と言ってくれた会社があった。
飛びついて就職。あとのない人間の必死さで恥も外聞も捨て、
周囲のあらゆる人に縋りついて社会人の初歩の常識から教えを請い、
非常識さ加減を笑われつつも奮闘の果てに試用期間を乗り切り、
何とか正社員としてやってく目処が立った。

そして以上の経緯の間、何故か細々と続いていた高校時代からの彼氏に、
「やっと自立できた!私が馬鹿だった!もう夢は見ない!
借金も自分で返す!家事もする!だから結婚して!」
と土下座の勢いで迫ったら、「オッケー」と言ってくれた。

就職して半年で結婚。それから数年の間に続けて出産し、3人の子持ち
(双子含む)になった。
産休をいただいて働き続け借金も返し切り、夫の仕事も順調で、
今は兼業主婦として結構な幸せな生活をしている。




7482/32016/02/19(金)00:44:31ID:6uB
そして少し前に家を買ったことを長い付き合いの友人にファミレスで言ったら、
グラタン皿(中身入り)をひっくり返されて罵倒された。
散々好き勝手して遊びまわってたくせにふざけるな、と。

友人の言では、彼女はずっと、私の末路が悲惨なものになるはずだ、と
信じて付き合いを続けてきたそうだ。
夢が挫折して、まともな仕事に就けず恋人に見捨てられ、孤独で貧しい将来に
怯えた私が自分を羨ましがり、堅実な人生を歩んでこなかったことを
後悔することを予想してた、と。

それが30過ぎて急に就職したの結婚するのって、どれだけ人生舐めてるんだ!と
怒鳴られた。

……言っておくと、嫉妬ではありえない。
友人も子持ち共働き主婦。素敵な旦那さんと子供がいて、家はとっくに購入済み。
何か私を妬むような要素は、本当にひとつもない。
それを言ったら、もっと凄い目つきで睨まれた。

自分は20代からコツコツ努力して手に入れた生活なのに、その20代を
極楽トンボで過ごした人間が今さら同じ場所にこようとすることが許せない、
あんたなんかのたれ死ねばいいんだ、それが相応だ、と吐き捨てるように言われた。

それっきり会っていないし、連絡もない。
長いこと、夢を語るたびに笑顔で応援してくれた友達だった。
彼女と話すと、いつも心が軽くなった。その彼女を思い出すたびに凹む。
凹んだ流れで、何で私と結婚してくれたの?と夫に聞いたら、
「え?何で?ずっと付き合ってる彼女から結婚しようって言われて、
俺もそろそろかなー、と思ってたし、断る理由がないじゃん」
と不思議そうに言われた。

10代でこの人と付き合えてなかったら、私は友人が言った通りの未来を
迎えていたかもしれない。
デブス30代低収入借金付きの女と結婚する男性は少ないと思うし、
そもそも夢を捨てて就職を考えたとき、相談にのってくれたのがこの人だった。
この人が学歴をつけ安定した職についてキャリアアップした後も
低スペックな昔からの彼女をポイ捨てしなかったのは、多分すごい幸運だった。




7493/32016/02/19(金)00:44:52ID:6uB
ここまでが前提。
強いて考えないようにしてるけど、実はあの決別の時から時々、
本当は心の底から彼女の言う通り、自分は夫に捨てられて職も見つからなくて
惨めにのたれ死ぬ方が、筋が通る気がしたりする。

夢を追った20代は、本当に本当に、楽しかった。輝いてた。
沢山お金使って、目指した分野のプロの人たちと交流して、
自分ももう業界の一員って気分で、はしゃぎまわって偉そうな口きいて、
あの日々の代償が野垂れ死になら、それも納得がいく、
むしろあのころに戻って、夢を見続けて野垂れ死にルートを辿りたいとすら思う日がある。
夢を見ながら、死にたかった。思い出すたび、そんな思いがよぎる。

だけど、そんな過去のことは何も知らずに、お母さんお母さんって
くっついてきてくれる子供たちを見ると、この子たちの存在を
否定する人生なんかあり得ない!!!!とも思う。

普段は考えないようにしてるけど、夢と彼女と過ごした20代を思い出すたびに
胸がざわつくって言うか波立って、その後は心がずしんと沈む。
もう一度だけ彼女に会って思い切り話してみたいな、と思うけど、
多分、彼女と話す機会は、もう今後永久にないんだろうなあ。




750名無しさん@おーぷん2016/02/19(金)01:00:09ID:a1V
>>747
たぶんあなたは、20代を極楽トンボに費やしたことでそれなりに何か失ってる。そして何かしら別のものを得てる。
結婚、就職という2つの単語だけみれば結果は同じに見えるかもしれないけど、実際はそこまでの過程で得たものや失った物がそれ相応にあるはず。
つまり相応の代償なら何らかの形でもう支払ってるはずだし、野垂れ死したほうが筋が通るなんてことは全くないと思う。
そもそも野垂れ死にしなきゃいけない程、罪深いことか?起死回生の努力は無かったことになるのか?
彼女の言うことなんて気にしなくていいし、所詮、極楽トンボ時代を支えるまでの縁だったってこと。変な言い方だけの、あなたの人生の中での、彼女の役目が終わっただけ。
気にすることないよ。悪縁が一つ切れて、また別のいい縁が繋がると思う。
それにしても気づいてから凄い頑張ったんだね。結果に繋がって良かったね。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2018/12/07 11:02:00 ID:gossiptale