712名無しさん@HOME2008/06/20(金)00:58:100ID:???
私たちが結婚します、と報告に行った時、ウトさんは喜んでくれたけど、トメは開口一番「うちの財産目当てな
の?」とかましてくれた。
前もって、夫君にトメの性格と異常にカネに執着することを聞いていたのだけど、さすがに「はぁ?」
「だったら残念だけど当てはずれよ」(ここの跡継ぎは我が息子、家を出た夫君に権利なし)と言うようなこと
をネチネチ言われた。
さすがにウトさんが窘めてくれたけど、そんなことでトメさん引っ込まない。
コトメちゃん(当時大学生、ウトメの娘、夫の妹)まで母親の言動を止めてくれたけど、それが余計に気に入ら
なかったらしい。以来、夫君だけでなく、私もたーげっとに入ったみたいでほとんどの嫁いびりをされた。
ウトはそれ以前から体調を壊して、しかも鬼婆に痛めつけられてもう先は長くないみたいな感じだった。
私が地方出身で実家がフツーのサラリーマン風(あくまで風、うちの両親の座右の銘は「分相応」財産があろう
と、品がなければ人として駄目だろうと、地味に暮らしていた)なのを事あるごとに「田舎の人は」「由緒のな
い家の人は」「貧乏人は」とバカにしてくれた。
ちなみにトメ息子はトメが溺愛する甲斐あって立派なバカ息子。3流どころじゃない大学を5年かかってやっと卒業し
て、当然就職口もなく、ウトさんの事務所の使い走りをするも事務所の金をちょろまかし、(顧客の金でなかっ
ただけマシか)結局、ウトさんが事務所を閉める羽目になった。
結婚式の時も「お宅みたいな田舎ものとお付き合いするにはアテクシ高級すぎましてよ。お宅のあばずれ娘をうちの
嫁にしてあげるだけでもありがたく思って、土下座して感謝してもいいはず」みたいなことを言ってくれた。さ
すがにかなり温厚なうちの両親も(どうして私みたいな激情娘が産まれたのか不明)「なんかあったら帰ってき
なさい。夫君も一緒でいいから」といってくれました。




713名無しさん@HOME2008/06/20(金)00:59:37OID:???
しえーん




715名無しさん@HOME2008/06/20(金)00:59:520ID:???
父親・コトメちゃんがかなり酷い目にあうのを心配して実家と完全に縁の切れない夫君のためと思って、トメの
暴言にも耐えましたが、ね。さすがにかなりきつくなってきた結婚4年目、ウトさんがついに倒れました。
入院する寸前にウトさん一人でうちを尋ねてこられて夫君に土下座して泣いて謝られました。曰く「トメの性格
を読めずに家に入れ、しかも数年仕事にかまけて取り返しのつかなくなる(夫君、家をでる)まで放置したのは
自分の(ry」今思い出しても涙が出るような声でいわれました。血を吐くような、というのはこんな声か、とし
みじみ思ったよ。
そのとき、初めて聞いた事実はトメとトメ息子の放蕩(トメブランド好き、見栄張りで近所の奥様(本物の金持
ち)と張り合うように生活、息子ギャンブル好き)でうちの財産がほとんどなくなっていること、かろうじてコ
トメちゃんの嫁入り費用だけは隔離してあるので、それを守って欲しい事等々、最後に「孫に渡してやろうと思
って」と貯金通帳を渡されました。夫君名義で以前はそれなりの金額が入金されていましたが、最近は本当に小
銭(265円とか)しか入金されてない)渡されたときには本気でこの人に孫を抱かせてあげたかったと私も夫君
も泣きました。
そのすぐあとに、ウトさんは入院、半年ほどの闘病の後に亡くなりました。
入院中、トメはほとんど見舞いにも来ず、私と夫君とコトメちゃんができる限りお見舞いに行きましたが、ウト
さんは結局、家族の誰にも看取られずに亡くなる事となりました(病院から実家に連絡がいったのですが、トメ
は観劇の予定があって無視)
普段温厚で優しい夫君が「許さねぇ・・・」と通夜の席で鬼のような顔をしている時に、何があってもこの人の
することは許そうと思ったんですけど・・・。




718名無しさん@HOME2008/06/20(金)01:03:360ID:???
トメは本気で鬼でした。
初七日の法要のあと、弁護士さん(実家で長らくお付き合いのあった人でトメの所業も知っています)同席で
「夫君は私のこと嫌っているようですし、下品な嫁子ちゃんがいるのも息子クンには悪影響だから~」
といって、持出してきたのは「遺産放棄」の書類と「婚姻関係終了届け」(の写し、本物はすでに提出していた)
「ウトさんの入院の費用でうちには分けるものがもうほとんどないのよね~。
夫君は共稼ぎだし、子供もいないからはした金はいらないでしょ?息子クンはこれから事業を起こすって
言ってるし、コトメちゃんの嫁入り費用も(ry」
同席している弁護士さん、能面のような顔して座ってる。
私の中で何かが切れた。
「よかったじゃん、夫君。私も毎度顔合わせる度に「1回やらせろ」「気取るな、スベタ」(本人の言葉のままだ
とここに書けない)とか言うバカ息子と縁が切れるし、お父さんの最後も見とれない義理の母親なんていらない
よね?」「そうだな」と夫君、あまりの届けを出す速さに呆然、からすっくと立ち直り、
遺産放棄上等、あんたと縁がきれるなら喜んで!でになった。
コトメちゃん号泣、弁護士さん、書類を受け取ると「では、これで」と立ち上がる。でも、静かにトメに対して怒っているのは感じた。だって、ウトとは友人だったもん。
「じゃ、あんたたちも出て行きなさいよ。(ここは私の家)」と言い放つトメに「は?」と私、夫君、弁護士さ
ん一斉に叩きつけた。




719名無しさん@HOME2008/06/20(金)01:05:000ID:???
「ここは夫君の名義の不動産ですが」
「俺の母親(ここにむっちゃ力が入った)の実家だぜ、ここ」
「そうよね、夫君、ここと○○(割と近くの不動産、借家数件と駐車場で月150万ほどの収入がある)があるお
かげでうちの親に『財産目当てか?』なんて疑われないですんだもんね~」
「そうだよな~。嫁子の家って県内有数の資産家だもんな~」(いや、さすがにそんな事はない)
「そうですね、最近はウトさんの不動産も随分と処分されましたから(借金のため)ほとんど残ってませんし、
相続放棄はあまり影響ありませんね」(弁護士さん)
「オヤジが住んでるから家賃とろうとは思わなかったけど、他人が住むって言うのは違うだろう」
「じゃ、帰ろうか。明け渡しの日とかはまた○○さん(弁護士さん)通じて連絡しますね~。もうすでに他人な
んでわざわざ顔を合わす必要ないでしょう~。できるだけ早いうちにお願いしますね~」
そりゃぁもう、ハイテンションで叫ぶように玄関飛び出した。
帰り道、夫と泣いた。
トメ、知らなかったんだろうなぁ。ウトさんの財産目当てで家にきたような人だったのに。ウトさんも何か感じ
てそれは隠していたのかなぁ?弁護士さんの話ではウトさんが入院したあたりから財産目録とか登記簿とかを渡
せ(管理もお願いしていた)とうるさかったらしいし、ウトさんに病床で責めているとこも行き当たった事があ
る。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/02/07 15:02:00 ID:gossiptale