659おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/23(火)19:53:51.65ID:NFjqATXM.net
わたしが、というより、おっちゃん警察官GJ!?な、武勇伝話。
友人夫婦から、経営している会社のイベントの手伝いに来てくれ、と連絡が入り、指定された日が休日だったので手伝いに行っていた。
バイト代も貰って、ほくほくしながら駐車場に停めてた車に行ったら…、内輪差を読むことが出来なかったのか、私の車にゴリゴリと擦りながら出て行こうとする車を目撃。




660おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/23(火)19:54:52.52ID:NFjqATXM.net
運転手は70代くらいのおじいちゃんで、助手席には奥さん(同じく70代くらい)がいた。
奥さんは「擦ってるー!!」みたいな、焦った表情をしていたけれど、その車はそのまま駐車場を出て行こうとしていたので、急いで追いかけて行って、車の窓をノックして「私の車に当たってますよーー」と、声を掛ける。おじいさんの車、ここで停車。




662おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/23(火)20:00:12.23ID:NFjqATXM.net
私の車の傷を見て、「当たったかなあ、だとしたらすまんかった」と一言、また車に戻ってエンジンをかけ、出て行こうとする。
割と深い傷だったのにそれだけかい!と思い、「当たっているところは目視しました、きちんと対応しましょう」と言うも、「わしの車には傷が無いんじゃが…」と言う。
見ると、一見無いように見えて、ドア部分の金属の盛り上がり(モール、と言うらしい)にしっかり傷が残ってる。




663おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/23(火)20:03:24.87ID:NFjqATXM.net
その傷を指摘しても首を傾げるので、子供の保育園のお迎え時間が迫っていて、本当に焦っていたけれど、おじいさんの態度にムッとしたこともあったのと、事故処理はきちんとせねば、という気持ちもあって、警察に通報。
やってきた警官は、おじいさんの車を見て、「傷、ありますか?」「目視ではわかりませんねえ…」と言う。
その発言で、おじいさんは勢いづいたのか
「やっぱり当ててない」「引っ掛かりとかも無かった」と主張をしだす。




664おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/23(火)20:06:32.36ID:NFjqATXM.net
当たっている現場を目視のみしかしていなかったこともあったのと、子供を待たせている(お迎え時間が過ぎてしまうとルール違反で、かなり怒られる&それが重なると退園処分も辞さないと、規則で言われていた)
ので、涙目で警官に事故処理を、と訴える。
すると、警官が「事故検証専門の警官をここに呼びます」と言う。
警官が連絡して暫くしてから、専門の警官だという警察官が2人やってきた。一人はおっちゃん、もう一人は20代くらいの若者。




665おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/23(火)20:09:20.55ID:NFjqATXM.net
おっちゃんの方が一目見るなり「これは当たってるわ」と一言。若者の方が、薬剤?などをおじいちゃんの車に付けて、事故傷を浮かび上がらせて、「私さんの車の高さと、おじいちゃんの車の高さと丁度ぴったりの、新しい傷がある事を確認しました」と言う。
最初に来た警官、おじいちゃんに見えないように、事故処理の書類を作成し始める。
おっちゃん警察官が、おじいちゃんに「当ててるか当ててないかで言うと、ばっちり当ててますわ」と申告。
これで事故処理が出来る、とホッとしたのだけれど…




667おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/23(火)20:13:32.49ID:NFjqATXM.net
おじいちゃん、「曲がる時に家内が『安全だ』と確認していました!家内を疑うんですか?」「運転は気をつけていたし、引っ掛かりも全くありませんでした」と話し、連絡先交換はおろか、事故を認めようともしない。
若い検証専門の警察官が何度説明しても
「でも、当たってないし…」と、覆す。
この状態が30分は続いた。この時点で、子供を預けている先には、事故があってお迎えが遅れる旨を伝えていた(緊急時ということで一応子供は預かる、という事を言ってくれた)けれど、お迎え時間を過ぎて寂しく一人待つ子供の事を考えると泣きそうだった。




668おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/23(火)20:17:23.25ID:NFjqATXM.net
支援ありがとうございます。
そんな押し問答が暫く続いていたら、おっちゃん警察官が口を開いた。
「あのね、この傷は今ついたってほどに新しい傷で、当たってるか当たってないかでいうと 当 た っ て る ん で す わ。
で、じいさんの車と、私さんの車の高さとぴったり合う傷があるんですわ。じいさんがどういう判断を下すかわかりませんけど、何度も事故車両を見てきた我々の目は誤魔化せませんよ。
で、じいさんの奥さんをけなすことはないけど、窓から身を乗り出してまで車の外側って見ませんでしょ?身を乗り出しても見えないところに傷が出来とるんですわ。」




669おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2015/06/23(火)20:20:13.74ID:NFjqATXM.net
「ほんで、私さんは子供さん待たせてるんだ。時間過ぎても、あんたの『わかりました、すみません』の一言をじっと待ってるんだわ。これだけ実証があるんです。わたしらは仕事で今検証してて、事実しか言いません。
あんたがどう判断するかはわかりません。でも当たってるんですわ。事故の大小より、あなたの良心です。
泣いてる子供さんのことやら、あんたら年取ってるのにわかりませんかね?」
おっちゃん警察官がおじいちゃんに淡々と話してくれた。
このへんでだいぶ泣いてしまってました、わたし。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/03/11 05:02:00 ID:gossiptale