267名無しさん@おーぷん2016/01/12(火)22:55:43ID:7cD
それだけでもみんなビックリ。
しかし、驚いたのはそれだけではありませんでした。

なんと、そのX高校の主将がAだったのです。
Aは、県内の高校に進学できないと知った上で
「同じ試合に出れないなら、弱小校で三年間スタンドなんかより、甲子園で優勝狙える高校で三年間スタンドの方がいいや!強い高校のユニフォームを着よう!」と悟ったA。
部員が多すぎて試合どころかロクに打撃練習すらさせてもらえるか分からない、皆が知ってる関東の強豪校に敢えて進学したのでした。

で、いざX高校の野球部に入部したいと申し出ると、推薦以外の一般生徒は入部テストがあると言われ、テストを受けると見事合格。
元々BCD達以上の能力があったAは練習でみるみる頭角を現して監督に認められ、二年の夏に上級生を押し退けてベンチ入りして甲子園出場。
三年になったAは主将としてX高校を引っ張ってました。
中学の頃の面影はなく、体も大きくなり、もはや別人となってました。

こちらの主将のBも始めは誰か分からず。インタビューでAの凄く珍しい名字を聞き、さらに「中学まで住んでた県の高校と対戦できるとは思わなかった」と語った時にAと気がつき、ひきつった笑顔でAと握手してました。

わが校の対戦相手に地元出身のAがいる。
この噂は忽ち学校に広まりました。
BCD達のファンクラブの女子達はAの事を「Bくん達から逃げたダサい男」と書いた壁新聞を貼り付け、校長も「地元を捨てた裏切り者」と言い、中学の頃の監督も「あいつがX高校のキャプテン?X高も弱くなったな」と言ったりしてました。




268名無しさん@おーぷん2016/01/12(火)22:56:23ID:7cD
そして試合当日。
当然ながら全校生徒が甲子園へ向けて前日の深夜からバスに揺られて行きました。
ちなみに直前まで応援練習でした。

甲子園に着くと、皆はその球場の凄さに圧倒され、テンションが上がり、「俺たちは勝てるぞ!」「Aなんか倒してしまえ!」と言ってる人もいました。

スタメンが発表され、相手のX高校にAの名前がコールされると、ファンクラブの女子達がブーイングしてました。

試合開始。
早速牙を剥くX高校。
Aもヒットを何本も放ち、どんどん点を取られ、BCD達野球部は三振の山。終わってみれば記録的な大敗で一点も取れませんでした。
試合終盤、Aがマウンドに立ち、Bを3球三振に。

試合が終わると、生徒達は野球部に向かって労いの言葉をかけることはありませんでした。
「バカヤロー!」「夏休み返せ!」「ふざけんな!」と怒号が飛び交い、ファンクラブの女子達はただ泣いてました。

偶然とはいえ、結果的にAがBCD達と学校と地域に対して復讐になったのでした。




269名無しさん@おーぷん2016/01/12(火)22:56:56ID:7cD
その後、野球部のBCD達はファンクラブの女子ですら声をかけなくなって孤立。進学率も過去最低となってしまい、校長がその責任を取って辞任。

今その高校は統合されて名前が変わってしまいました。

そんな私はAの嫁です。
BCD達のその後は知りません。
Aは高校を卒業したあとに東京の大学へ。
しかし怪我でなかなか試合に出れず、今は仕事をしながら少年野球の監督をしています。

今年の春の甲子園に旦那が野球を教えた子が出れそうなのでお祝いカキコ。

長文すみませんでした。




270名無しさん@おーぷん2016/01/12(火)23:00:54ID:TWA
>>269
田舎の陰湿根性をいい感じにスカッと飛ばした爽やかなスッキリ話ですね
なんか教わって楽しい少年野球のコーチが想像できてスッキリしました




271名無しさん@おーぷん2016/01/13(水)06:41:21ID:PCw
>>260
これはいい復讐
スカッとさせてくれてありがとう




2722602016/01/13(水)08:27:44ID:mJ7
おはようございます。
早速まとめに載ってたり、レスが付いてたりして凄く嬉しいです。
ありがとうございます。

iD変わってるかもしれませんが>>260です。
旦那にこの書き込み見せたら何故か爆笑されました(笑)失礼な男ですよね(笑)

旦那が少し語ってくれたのですが、対戦相手が私達田舎高校に決まった時、旦那は嬉しかったんだそうです。

X高校の監督に
「知ってる奴いるのか?」
と、聞かれた旦那は
「全員自分と中学の時同じチームでした!」
と、答え、ビックリされたそうです。

そこで旦那が田舎高校のメンバー全員の弱点、ピッチャーであるCの配球等を伝えたそうです。
しかし旦那は自信がなかったそうです。
そのデータはあくまでも中学時代。
高校生になってどのくらい成長してるのか見当つかなかったそうです。

そこで私の出番。
この話をするとネタに聞こえるかもしれませんが、実は私は田舎高校の女子マネでした。

私はイケメントリオの一人であるDに付きまとわれ、甲子園が決まった時は
「甲子園でお前の為にAからホームランを打つ」等と供述。
心底キモいと思った私はAの実家に連絡を取りました。
段ボールに練習試合や公式戦のビデオテープ数本、スコアブック数冊をつめて旦那の泊まる宿舎に手紙を添えて送りました。

旦那はその映像を見たとき、「あ、こいつら何にも変わってない(笑)」と思ったそうです。
旦那は田舎高校の全ての弱点を教え、試合ではその弱点を徹底的に突いたんだそうです。チームのエースからは
「恐ろしくデータ通りだった」と言ってたとのこと。

試合前、チームメイトから
田舎高校の連中はどんな奴らだったのかを聞かれ、いじめられてたから覚えてないと言うと、そのいじめの内容を聞かれたそうです。
いじめの内容を聞いたチームメイトは
「よしA!復讐してやろーぜ!」と気合いが入り猛打爆発。
大差のついた試合終盤に本来野手の旦那がマウンドに行ったのも、監督から「恨みを晴らしてこい!」と言われたんだそうです。
三者連続三球三振なんて初めて見ました(笑)

試合翌日に旦那から「非常に助かりました」とのお礼の手紙が来た所から文通が始まり、同じ大学で出会った話はスレチなので辞めておきます。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/04/14 06:02:00 ID:gossiptale