939おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/04/11(月)00:03:33.47ID:e8yMcCbu.net
私のことが好きだから大切にしてくれているんじゃなくて、
「自分よりだめな人を大切にする自分」が好きだから、
私のことを大切にしているんだと気付いてしまったときに冷めた。

周りに優しくて、ものすごく面倒見がいい人に好かれた。
「君みたいな子が本当に好みなんだ。
すごくすごく大切にするから、付き合ってほしい」と猛アタックされた。
当時の彼は断る理由が思いつかないくらいのいい人に見えたので、
だめなところばかりの私がなんで好みなの?ととても不思議だった。

私は、何かを決めるのも遅いし、いろいろとネガティブに考えてしまう性格だし、
見た目も小さくて太っていた。
それに、新品のペットボトルが開けられない、小銭をつまむのが苦手という程度ではあるけど、
上肢に障害があって、人よりも握力が弱くて、指や腕を素早く動かせない。

だから、「申し出は有難いけど、私にはもったいなさすぎる」と
お見合いの常套句のような断り方をしてしまった。
それでも「俺のことが嫌いというわけじゃないなら、お試しでいいから付き合って」と押し切られ、
とりあえずお試しで付き合うことになった。




940おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/04/11(月)00:04:01.15ID:e8yMcCbu.net
実際に付き合ってみたら、やっぱり彼はものすごく私を大切にしてくれた。
私のだめな部分を全部受け入れてくれた。
二人でご飯を食べに行って、何を食べようか迷ってしまったときは、
「ゆっくり考えなよ。俺は、○○ちゃんが悩んでどうしよう~ってなってるのを
見るのが好きなんだから」とにこにこしながら待ってくれた。
彼には全然関係のないことで悩んでいるときには、
「話を聞くだけで○○ちゃんが少しでも楽になるなら、どれだけでも聞くよ。
それに俺、○○ちゃんが俺に悩みを打ち明けてくれるのが嬉しいから」と言ってくれた。

障害についても、私が、ペットボトルを開けるときにオープナー(力を入れなくても開けられる)を
使っていることに気がついていて、
「俺と一緒のときは、全部任せてくれればいいから」と開けてくれた。
オープナーを使うのは新品を開けるときだけで、一度開けたものは普通に開けられるんだけど、
彼は、「それでも力を使うでしょ」と言って、
二人で出かけるときは彼が常にペットボトルを2人分持ち歩いて、
私が飲みたいときはふたを開けてから渡してくれた。
「できないことがあってもいいんだよ。
僕は○○ちゃんが好きだから、むしろ、
『これができない~』って甘えてくれたほうが嬉しいんだ」と言ってくれた。

甘やかしてもらうのは楽だし、彼は私のことが本当に好きなんだと感じたけど、
どこか居心地の悪さがあって、それがずっと付きまとっていた。
友達に話してもこの居心地の悪さをうまく伝えることが出来ずに、
「今までもてなかったから、大事にされるのに慣れてないだけでしょ~」
「ていうか、そういうのをのろけっていうんだよ~」と言われるだけで、
あれ?やっぱり私が悪いのかな、こんなに大切にしてくれてる人に
居心地の悪さを感じる私がおかしいのかなと思うようになっていった。




941おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/04/11(月)00:05:19.74ID:e8yMcCbu.net
ずっと大切にしてもらって、好きだと言われるうちに、
私も彼のことが好きになってきたかもしれないと思うようになり、
正式に付き合うことに決めた。

彼は、ますます私のことを大切にするようになった。
だめなところをさらしてしまっても、
「○○ちゃんは、自分のこういうところがダメだって言うけど、
俺は、○○ちゃんがいっぱいいっぱいになって頑張るところがいいなと思うよ。
できなくて、それで俺に頼ってくれるときは、本当にかわいいなあって思う」
とフォローしてくれるたびに、彼はやっぱり素敵な人だったんだ、
彼が私のことを好きになってくれて本当によかったと思っていた。

付き合ってしばらく経ったとき、二人でイベントに参加した。
ビンゴ大会があり、私がビンゴになったとき、何人かのビンゴが重なって、
景品を選ぶ順番を司会者とのじゃんけんで決めることになった。
そしたら、彼が私を座らせて、代わりに立ちあがった。
私が、「大丈夫だよ、素早いじゃんけんは苦手だけど、
全員じゃんけんくらいの早さなら全然問題ないから」と言ったけど、聞いてない。
司会者が「そちらのテーブル、ビンゴと手を挙げてくださったのは女性の方でしたけど、
隣の男性の方が代わりに参加される、ということでしょうか?」と聞いてきたとき、
彼が、会場の端っこにいる司会者に聞こえるように大きな声で、
「彼女は~、障害があってじゃんけんができる身体ではないので~、僕が代わりにします!」と言った。
司会者も、「そういうことなんですね~ 彼女さんのために、愛ですね」と認め、
彼はじゃんけんに勝ち、ディズニーペアチケットを当てた。




942おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/04/11(月)00:05:45.87ID:e8yMcCbu.net
広い会場だったし、大きい声ではあったけどマイクを通したわけではないので、
彼の言葉は会場全体に聞こえていなかったかもしれない。
それでも私は、景品を取りにステージ側に出ていくことができなかった。
彼が景品を取りに行ったんだけど、
司会者から「彼女のために、さすがですね~。もちろん、一緒に行かれるんですよね?
ディズニーなら、バリアフリーもしっかりしてそうですし、安心ですね!」と言われて、
「もちろんです!というか、どこに行くにしても、彼女には障害を感じさせるような
不自由な思いはさせないようにしてますので、実は、どこに行こうと関係ないんですけどね」と照れていて、
周りにも冷やかされて、彼は嬉しそうにしていた。

このとき、他のテーブルの人がひそひそ話している声が聞こえてしまった。
「なんか、いいね。障害者の彼女のために頑張る彼氏って。
彼女のためなら何でもしますって感じじゃん」
「そうかぁ?私だったら嫌だけどな。てか、彼女が障害者だからって言う必要ないじゃん。
なんか適当に言い訳して、代わりに自分がじゃんけんしますで十分でしょ。
あの彼氏、障害持ちの彼女がいる自分に酔ってる感じだわ。」
「え~そうかなぁ」

この嬉しそうな様子と彼女たちの会話を聞いて、
やっと、付き合う前に感じていた違和感の正体がわかって、一気に冷めてしまった。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/05/15 16:02:00 ID:gossiptale