594おさかなくわえた名無しさん2013/05/11(土)13:29:47.25ID:fkdfkAu6
学歴コンプっていろんなところにいますもんね。面倒くささでは結構上位な気も。


俺の修羅場はというと、先週末に従兄の元嫁母娘がやってきて
「お前のせいで離婚するハメになったんだから責任とって結婚しろ! 養え!」
って騒がれたことですかねー。おかげで事情聴取体験するし、さんざんだ。
まあ、偶々外出時に元嫁といちゃついてるおっさん見かけたのが離婚の発端だから、俺が原因ってのはある意味正しい。
でも、従兄にカッコウよろしく託卵してるような腐れビッチと結婚なんて無理です。絶対無理。
そもそも大学生にババア2人も養う甲斐性はありません。あってもあんなのとは死んだってごめんだ。
従兄の弁護士さんと連絡とって対応してるところですけど、面倒だなあ。
あのオバハンがたがポックリ行ってくれたら楽だなんて、2ちゃん以外じゃ死んでも言えない。




595忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+08) 【九電80.8%】:2013/05/11(土)13:59:21.34ID:imjTPfNe
もすこし語っていかないか?




596おさかなくわえた名無しさん2013/05/11(土)14:18:45.15ID:NSc7pM+6
座布団とお茶の準備も済んでる




5975942013/05/11(土)14:28:33.01ID:fkdfkAu6
もしかして俺ですか?

でしたらおやつに間に合うかどうかはわかりませんが、ちょっとまとめてきます。




6025942013/05/11(土)15:48:33.84ID:fkdfkAu6
何とかまとめました。結局おやつに間に合いませんでしたが。

まず前提として、俺と従兄は同じ県に住んでいます。俺が大学に行って一人暮らしを始めた半年ほど後に、従兄夫妻が越してきた形です。
従兄が越してきた翌年に息子君(いとこの子ってなんて言えばいいんでしょう?)が生まれまして、俺もちょくちょく見に行ってました。わりと近かったんですよ、従兄の借りてた部屋と俺の部屋が。
と言うかメロメロでしたね、血縁に弟妹以外年下がいなかったもので。ただ、息子君が従兄になつきもしないのはなんでかいな?とは思ってました。


>>594に書いた事の発端は、去年の12月……正確な日付は覚えていませんが、自転車で10分弱のスーパーまで買い物に行った時です。
昼を食べてなかったし、フードコートでなんか食べるかな~、と思ってたら、前の方に息子君の顔が見えたんで、元嫁さんも買い物か、と思って。
抱っこ紐っていうんですか? あれで抱っこしてたんですけど、同行者がいたんですよ。しかも妙に距離が近い。
俺はむこうの両親とは当時顔合わせはしてなかったですから、年の離れた兄弟か父親だと思ってたんです。手を繋いでたんで一発で違うってわかりましたけどね。
いくらなんでも嫁いでる女性が親兄弟と手繋ぐか?って思って。しかも恋人つなぎとか言うあれだし、おっさんにキスされても笑ってるように見えて。
まさか浮気じゃないよな、今自分がここにいるって知られたら、わかるものもわからなくなる、そう思って、さっさとスーパーを出ました。
正直なところ、逃げたんです。自分の身近な人間……のそっくりさんがそんなことやってるのに耐えられなかった。


それだけなら、偶然他人の空似を見間違えただけだって思えたんでしょうが、後日のそのカップルを見る機会がもう一度あったんです。
冬季休暇前のレポート課題を済ませようと思ってファミレスで同期とカリカリやってたんですが、ドリンクバーに立ったときにちょうど入ってきたカップルがスーパーで見た顔。
むこうはこっちに気付いてないのか、隣のテーブルに座っていちゃつきだしたんですが、聞き耳立てたら声がまんま元嫁。もうレポートとか手につかなかったです。




6035942013/05/11(土)15:49:44.04ID:fkdfkAu6
さすがに二度同じものを見たら、偶然とは思えなかった。事ここに至っては従兄の耳に入れるのもやむを得ない、と。
それで従兄を誘って飲みに行ったんです。そうでもしないと2人で話す機会が作れなかった。当時の従兄は嫁さんにメロメロでしたから。
最初はあっちも信じちゃくれませんでした。当たり前ですよね、従弟と嫁さんならまずは嫁さんを信じるのが旦那の心理でしょうし。
俺も動転していて物理的な証拠とかは取ってなかったですし、そこは仕方ないと思ってます。
ただ、従兄も息子君が生まれてからアッチが皆無だったり不安は感じていたらしくて。一足飛びに興信所とはいかないが様子を見ようってことになったんです。
年明け、帰省してからの新年の挨拶は気が重いったらなかった。伯父夫婦は初孫にメロメロでしたから。
その後何回か件のカップルを見る機会があって、駄目だ、完全に浮気だな、と。もうね、少しは隠しましょうよ。
いくら従兄が会社にいるからって、近所の茶店で逢引ってどんだけ度胸があるんだ。それとも何も考えてないのか? 後者でしたけどね。


それで2月に入る直前だったか、入ってすぐだったか、従兄にもうダメだ、完全に黒だって伝えました。
茶店で逢引してるのは風景撮ってるふりして従兄に借りたデジカメに収めたんですが、よりによってあーんですよ、あーん。
いい年した既婚女性が夫以外の男にあーん。従兄の顔が見る間に蒼白になってって見ちゃいられない。
ただ、ショック療法みたいになったのか、従兄の覚悟完了も早かったです。そこから先はノンストップでしたから。
興信所に飛び込んで、逢引の証拠かき集めて、興信所で紹介された法律事務所に駆け込んで。この間わずか2週間。
調査員の方曰く、「いやあ、旦那さんにこんなこと言うのもなんですが、バカだと楽できますねぇ」と。
弁護士さん曰く、「……毎回これだけ楽ならいいんですがね……」と。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/07/22 03:01:00 ID:gossiptale