910名無しさん@おーぷん19/10/31(木)07:58:58ID:xP.zf.L1
長年ずっと朝起きられない人がいることを疑問に思ってたんだけど、その理由が大学生の頃に解った
私は子供の頃目覚ましを与えられず、ずっと朝親に起こされてて、一度起こされたら絶対二度寝しなかった
いつ頃からか忘れたけど、中学生になる頃には勉強漬けで寝不足とか、よほど疲れてるとかじゃない限り
毎朝ピッタリ同じ時間に起きられるようになり
高校生にもなると、疲れていても寝不足でも、風邪引いてよほど体がダルいとかでなければ毎朝6時に目が覚めるようになったし
合宿とかでイレギュラーな時間に寝て起きるときでも、「起床は朝5時半」と意識すれば目覚ましかけなくても5時半に起きられた
体内時はそれくらい正確なんだから、朝起きられない人ってどれだけだらしない人間なんだろうと
頻繁に朝寝坊したり、目覚まし3重にかけても起きられない人を正直見下してた

大学生のころ、歩車分離式の交差点でそれに気づいていない車に轢かれたことがあった
相手はブレーキもかけず時速80キロくらいで突っ込んできて、正直死んでもおかしくないくらい身体のあちこちの骨が粉砕してた
だけど幸い折れた骨が内蔵を深く傷つけることなく、また医者が神ってたお陰で
見た目には普通の人と同じ状態にまで戻り、一生車椅子と言われていたのを自力歩行できるところまで回復した
何も金具が入ってない右足にいたっては、事故前よりも筋肉がついて健康的になった
だけど事故にあってICUに入ってる頃は意識朦朧としながらも全身痛くて痛くて仕方なかった
痛み止めは点滴で入れてもらってるけど、もうどこが痛いのかわからないくらい痛くて
医者が言うには若くて神経が敏感なせいだと言っていたけど、意識が無いほうが楽で、懸命に寝るようにしてた
長いこと寝て意識が戻っても、二度寝三度寝しようと頑張ってた
多分一ヶ月くらいは寝て痛みをちらしてたと思う
怪我が治り始めて、簡単なリハビリができるようになったころ、
そろそろ身体のサイクルをもとに戻そうと朝決まった時間に起きようとしたら、無理になってた
前みたいに朝7時に目を覚まし、そこから一日のスケジュールを決めて活動しようとしたのに、7時に起きられない
目覚ましかけないと8時9時まで寝てしまう
「これはやべぇ」とアラームを使って朝7時に起きようとしたら、こんどはアラームで目を覚ましても頭がボーッとしていて
そして気づいたら二度寝して、また8時9時まで寝ていた
そんなことが連日続いた
ここで初めて目覚まし複数セットする人の気持ちが解った
医者に「朝起きられなくなったんです」と相談したら、
「身体が一生懸命回復しようと頑張ってるから疲れてるし当然だ」と心配しないよう言われたけど
リハビリが始まって半年たっても朝のルーズさは直らなかった
結局前のように朝目覚ましがなくても起きられるようになったのは、身体のサイクルを戻そうとしてから一年後
だけど今でも油断すると二度寝してしまうことがある
私の身体が「疲れてたら二度寝すればいいや」というのを覚えてしまったような気がする
結局のところ朝寝坊して遅刻する人は、自分に甘いルーズな人なんだと結論づけた???




911名無しさん@おーぷん19/10/31(木)07:59:08ID:xP.zf.L1
私の義理の兄になった人は、朝目覚まし3つないと起きられない人だった
姉が妊娠したときあまりに体調が悪く、離れの部屋が余ってたので義兄と里帰りしてきたが
通勤に時間がかかるようになり、毎朝5時半に起きる必要があったらしく、朝5時半から45分まで、順番に目覚ましが鳴る毎日
だけど私は隣室で鳴る1つ目の目覚ましで目が覚めるので、5分おきに3つの目覚ましが鳴るのが耐えられなかった
しかも私は6時半起きなので、無駄に一時間も前から不快な目覚まし時計で起こされることになる
しかも酷いときだと3つの目覚ましがスヌーズの大合唱を6時まで続け、遅刻する日もあった
姉は立ち上がるとすぐ吐くので、キッチンとトイレがバリアフリーの母屋で寝ていたから、義兄を起こす人は誰もいなかった
一ヶ月は耐えたけど、二週間ぶりの休みの日に義兄の目覚ましに起こされ、いい加減ブチ切れて隣の部屋に殴り込みに行った
布団を剥ぎ取りケツに思いっきり蹴りを入れて、寝ぼけ眼の義兄の頬に張り手をかまし
「起きんかい!次目覚まし鳴らしたらブッ殺すぞ!」と胸ぐら掴んで伝えた
義兄は寝ぼけた頭で懸命に状況を理解しようとしながらコクコクとうなずいたので、
胸ぐらから手を離した矢先、すごく自然にベッドに横になり布団を被ろうとした
再度ケツに蹴りを入れ、「起きろっつってんだろ!座れ!」と布団を剥ぎ取ると
またコクコクうなづきながらベッドに腰掛けるように座った
それを見届けて「寝るなよ」と伝えて部屋に戻ったが、その後その姿勢で二度寝三度寝したらしく、
結局目覚ましが聞こえ、6時半前にドタバタと慌ただしく起きて、電車間に合わない!と寝癖も直さずに飛び出していった
その日夜に帰ってきたとき、朝の出来事を話したが、なんと寝ぼけて殆ど覚えてなかった
「何か恐ろしい怪物が襲ってきた夢を見た」というので呆れた
私の母は時間にルーズで朝起きられない人が嫌いだし、姉も年に3回も4回も会社を遅刻することに呆れていたらしく
姉公認で毎朝目覚ましを止めない義兄をボコボコにしながら起こすようになった
義兄のせいで朝5時半前に目が覚めるようになった私が義兄の部屋にスタンバイし、
目覚ましが鳴ってもすぐに起きられないならボコボコにするとは事前本人に宣言していた
3日くらいは最初と同じ結果だったが、その度に起こし方をハードにしていったところ
4日目くらいから目覚ましがなると飛び起きてかぶりつく様に目覚ましを止め、恐る恐る私の顔色を伺うようになり
それが1週間くらい続くと、飛び起きなくても目覚ましの最初の「ピピピ」で起きられるようになった
それでも時々二度寝するので、二度寝したら、痛みと大きな音のするハリセンで起こすようにした
2ヶ月ほどかけて、姉のつわりが終わりを迎えたころ、ようやっと義兄は目覚まし1つで起きられるようになった
その後姉夫婦は一旦自宅へ戻り、赤ちゃんを迎えるための準備を着々と進め、
その後出産予定日が近づくと再度里帰りしてきたんだが、自宅に帰って気が緩んだ義兄はまた朝だらしない男に戻っていた
なので私がまたボコボコにする宣言をしたところ、隣室にいる間だけ朝起きられる男に豹変した
要は身の危険を感じなければ起きられない、だらしない男だった
産前産後の二ヶ月、家にいる間にまたボコボコにしつつ、朝自力で起きられるようにしたが
自宅に戻ったらまた目覚まし3つの寝坊摩に戻ったらしい
姉の体調が戻り次第私と同じ方式で義兄を起こすと決めたそうたが
子供が生まれて父親になっても誰かに起こしてもらわなきゃならない34歳って、義兄は恥ずかしくないんだろうか???




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2019/11/08 13:08:00 ID:gossiptale