383本当にあった怖い名無し2013/11/04(月)14:28:58.85ID:2aRXtGo4i
自分が中学の頃にやった復讐もどき。書き逃げごめん。スレチかもとは思う。スッキリもしないと思う。

私は先天性の身体障害があり車椅子生活。友達は少ない方で、オタクで喪女。
父親から遺伝しての障害だったので、一人っ子。そしてブス。
人生ハードモードだから、両親が死んだら自分はひとりで生きていかなきゃいけないっていう意識が強くあって、勉強だけは頑張っていた。

中学校は楽しかった。クラスの人も担任も優しくて。
しかし私は内向的だったので、友人はクラスに一人しかいなかった。
同じ小学校出身のA子。いつも率先して私を助けてくれていた。
「私ちゃん大丈夫?」「一緒に教室移動しよう!」と声をかけてくれて、有難いと思っていた。
ぼっちは嫌だった。

ある日、担任に呼ばれた。
「私さん、A子さんをいじめているの?」と言われた。
心当たりがなさすぎて職員室で爆笑した。
「なんで?誰が言ったんですか?wwwwwww」と言うと
「生徒からタレコミがあって、」と返された。

「へぇー…でも私やってませんよwwwどんな事したってなってるんですか?暴力は私できませんよwwwwww」
「A子さんの酷い悪口(内容は伏せます)を言うって…」
「悪口言う相手いませんよーwwwww私クラスにお友達A子さんだけですし…。」
「…。」

先生は何か考え込む素振りだった。日頃から私とA子はべったりだったので、先生も色々と考えてらしたんだと思う。
私はクラスで噂があっても、別に普段から話さないから支障もない、噂流した犯人探しよりもその噂が収束しないとA子さんが辛いと思う。
と伝えて、すいません用事あるので今日は帰ります。お話があるときはまた放課後に、と言って帰った。




383本当にあった怖い名無し2013/11/04(月)14:28:58.85ID:2aRXtGo4i
自分が中学の頃にやった復讐もどき。書き逃げごめん。スレチかもとは思う。スッキリもしないと思う。

私は先天性の身体障害があり車椅子生活。友達は少ない方で、オタクで喪女。
父親から遺伝しての障害だったので、一人っ子。そしてブス。
人生ハードモードだから、両親が死んだら自分はひとりで生きていかなきゃいけないっていう意識が強くあって、勉強だけは頑張っていた。

中学校は楽しかった。クラスの人も担任も優しくて。
しかし私は内向的だったので、友人はクラスに一人しかいなかった。
同じ小学校出身のA子。いつも率先して私を助けてくれていた。
「私ちゃん大丈夫?」「一緒に教室移動しよう!」と声をかけてくれて、有難いと思っていた。
ぼっちは嫌だった。

ある日、担任に呼ばれた。
「私さん、A子さんをいじめているの?」と言われた。
心当たりがなさすぎて職員室で爆笑した。
「なんで?誰が言ったんですか?wwwwwww」と言うと
「生徒からタレコミがあって、」と返された。

「へぇー…でも私やってませんよwwwどんな事したってなってるんですか?暴力は私できませんよwwwwww」
「A子さんの酷い悪口(内容は伏せます)を言うって…」
「悪口言う相手いませんよーwwwww私クラスにお友達A子さんだけですし…。」
「…。」

先生は何か考え込む素振りだった。日頃から私とA子はべったりだったので、先生も色々と考えてらしたんだと思う。
私はクラスで噂があっても、別に普段から話さないから支障もない、噂流した犯人探しよりもその噂が収束しないとA子さんが辛いと思う。
と伝えて、すいません用事あるので今日は帰ります。お話があるときはまた放課後に、と言って帰った。




384本当にあった怖い名無し2013/11/04(月)14:32:09.26ID:2aRXtGo4i
かぶってごめん(2/3)


家に帰って号泣した。私は何もしてないのにって悔しくて。母親にも話した。「A子ちゃんが一番辛いってそこで言える私は優しい子だね」って言って撫でてくれた。
実際私は優しくもなんともなかったけれど。1ヶ月が過ぎたけど、噂は広まって増えて尾ひれがついて、私が悪いという噂もどんどん出てきた。
私がA子を脅してカツアゲしているだとか私が二股している(ブス喪女なのに)だとか。
A子には話せない。
「私ちゃん放課後いつも先生に呼ばれてるけど大丈夫?何かあったの?」って聞かれても
「大丈夫だよ、先生たち味方してくれてるし、平気!」と笑って返した。

その頃になって、私は段々疲れていた。隣の席の子が私を嫌っているかも。
前の席の子は私の噂を知っているんだろうか、嫌われているんだろうか。と勝手な被害妄想が止まらなかった。
放課後、担任に呼ばれた。呼ばれるのはもうほぼ毎日だったので、なんとも思わなかった。先生は味方でいてくれたし、
呼ばれても犯人の心当たりを聞かれて噂の真偽を聞かれて、あとは雑談するだけだった。
でもその日職員室に入ると、先生がとても苦しそうだった。


「今日ね、○○さんたち(クラスのリーダー格の女子)が先生のところに来たの。
それでね、『先生は私さんの味方なんですか!?』って言われたの」
『どうして?誰が言ったの?』というと『A子さんから聞きました』…って。」

そこで、A子の名前が出るのはおかしい。いやおかしくはないか。
先生は味方してくれるって私言ったの、A子だけ…。その時は目の前が真っ暗になった。
初めて先生の前で泣いた。今までA子が私にしてくれたこと全部に嫌悪があったのかとか色々泣いた。
そんなに嫌なら私に関わらなくともいいだろうにと腹立たしくもあった。




386本当にあった怖い名無し2013/11/04(月)14:34:33.24ID:2aRXtGo4i
長すぎた・・・

A子が憎かった。翌日、登校したけど、私は学校についてからすぐ、母親に公衆電話から泣きながら電話をかけた。
噂が怖い、誰に何を思われているかわからなくて怖い!と。
母親は辛かったら今からでも帰っておいで、ただし先生にはその旨を伝えなさい。と言われた。
職員室に行き、他の先生方も居る前で号泣しながら「今日はもう帰してください、お願いします。もう嫌、いやあああああああぁぁ・・・・・・」と泣いた。

そのあと、私さん落ち着いて!と言われながら、職員更衣室?みたいな小部屋に入れられた。
私はその時ぶっ壊れていたと思う。
少しして、先生とA子が来た。
A子は私を見て震えていた。私をボロボロにするのが目的だったくせに何を、と思った。

「私ちゃ…ご、ごめ、なさ…」と言うので、謝罪も禄にできないのか。流石だわ。と思った。
お互い黙りこくっいると、先生が間にはいってきた。
「どうして私さんの悪い噂を流したの?」
「私ちゃんは、障害者で、ブスで、でも勉強が出来て…腹が立って…ごめんなさい」
確かに私はブスだけどお前もそこそこブスだぞ…と内心笑いながら聞いた。
先生が向き直って、
「私さんがここまで追い詰められていたことに気付けなくてごめんなさい。
問題を解決できなかったのは先生の力不足云々(割愛)
あのね、A子さんがしたことは許されないことだと先生は思う。許さなくてもいいと思う。
許すかどうか決めるのは私さんだよ」と言われた。
だから言った。
「私、A子さんに感謝してます。
学校楽しかったのもA子さんが話しかけてくれて、助けてくれたからで…
…A子さん、謝ってくれました。
だからもう私、A子さんさえよければ仲直りしたいです」って。
先生もA子も泣いてた。なんでA子泣いたんだろうな。
で、続けて言った。




続きは次のページで
1001オススメ記事@\(^o^)/2020/01/07 20:07:00 ID:gossiptale